乳酸菌生成エキス・コスモスラクト 30ml
hot
578a5032a458c06198000b0c

乳酸菌生成エキス・コスモスラクト 30ml

¥1,296 税込

送料についてはこちら

液体タイプの乳酸菌です。 液体に慣れている子なら、だいたいの子が飲んでくれます。 酵素に混ぜるとより一層の効果が感じられます。 このような症状はありませんか? ●体調がいまいち・・・食欲にばらつきが・・・ ●ちょっとしたことでお腹の調子が崩れる・・・ ●皮膚の状態が良くない、毛並み・色艶がさえない・・・ ●涙やけが目立つようになってきた・・・ 「コスモスラクト」は上記症状改善のお手伝いをします 複雑な腸内細菌を有するうさぎのおなかをサポート 体重1kgあたり5滴でOK。 ウォーターボトルや飲み水に。 フードに染み込ませてもOK。 便利な液体、セロカロリー。糖質ゼロ。 年齢月数(幼老)を問いませんが、老齢もしくは体力減退時には多めに与えてください。 ■原材料 乳酸菌生成エキス(大豆発酵抽出物)、乳酸、甘味料(ネオテーム) ※大豆発酵抽出物の大豆は遺伝子組み換えではありません。 ■栄養成分 【100mlあたり】 熱量0kcal たんぱく質0g 脂質0g炭水化物0.1g ナトリウム0mg *乳酸菌生成エキスとは 1914年(大正3年)、日本で初めてヨーグルトを製造販売した、初代 正垣 角太郎氏(医師)の時代からおよそ100年間、乳酸菌一筋に研究を重ねて誕生した『特許製法16種共棲培養特殊抽出法』から得られる乳酸菌の発酵エキスです。このエキスには生きた乳酸菌ではなく、乳酸菌の分泌物(乳酸菌がつくり出したエキス)と菌体物質(乳酸菌の細胞物質)が含まれています。 *製造方法の特徴 16種類の乳酸菌を共棲培養 厳選された16種の乳酸菌による高密度共棲培養法によって、菌同士の勢力争いを促し、乳酸菌の能力を鍛えます。 培地に植物性の豆乳を使用 豆乳という乳酸菌が繁殖しにくい環境の中で培養することにより、高密度で高品質の乳酸菌を培養します。 長期熟成 1年間におよぶ長期発酵・熟成により、発酵物に含まれる有効成分の品質を高めます。 特殊抽出 最終工程で有効成分だけを抽出することにより、その効能をシャープなものにします。 以上の過程によって乳酸菌の有用性を最大限に引き出した、より高品質で安定性の高い乳酸菌エキスが得られるのです。 バイオジェニクス ●乳酸菌関連製品は以下の三つに分類されます。 プレバイオティクス Prebiotics 有用菌の増殖を促進したり、その活性を高めることで 健康に有利に作用する難消化成分。 オリゴ糖・食物繊維 難消化性デンプン プロバイオティクス Probiotics 腸内細菌のバランスを改善することで有益にはたらく 生菌添加物。 生菌類・ヨーグルト バイオジェニックス Biogenics 腸内フローラを介することなく、直接に生体機能を 調整する食品成分。 乳酸菌分泌物・乳酸菌 菌体物質・フラボノイド等 「プロバイオティクス」は良性の腸内細菌を他から調達して口から腸内に送り込み、その良性の微生物に活動してもらって腸内環境を整えて行こうという考え方です。 一方「プレバイオティクス」はオリゴ糖や食物繊維などを摂取することで腸内の環境整備を高め、自前の腸内細菌(常在菌)の活性を高める考え方です。 これに対して、乳酸菌生成エキスは「バイオジェニックス」という乳酸菌製剤の新しい分野の機能性素材です。「プロバイオティクス」のように、他から調達した良性の腸内細菌を摂取しても外来菌・通過菌として便とともに排泄されてしまうのに対し、「バイオジェニックス」は自前の腸内細菌(常在菌)が腸内で生み出したエッセンスを、あらかじめ外で培養して発酵熟成・濃縮しそれを体内に取り込むという考え方です。 そうすることで、プロバイオティクスの効果とプレバイオティクスの効果を両方同時に、しかも効率的に摂取できるというメリットのある、最先端の腸内環境に対するアプローチです。 ●バイオジェニックスによる健康効果 腸内の善玉菌を増殖させる ・消化吸収が良くなる/悪玉菌を抑制し、便やガスの悪臭を消す ・酵素、ホルモン、ビタミンの産出と活性化をうながす ・解毒作用の向上(農薬・ダイオキシン・活性酸素・腐敗毒などを解毒) ・体調がよくなる 肝機能を促進、改善する 生活習慣病の予防と治療効果が大きい 胃内のピロリ菌が減少または消滅する 抗加齢効果、アンチエイジング効果 ●乳酸菌の分泌物は腸内をきれいにする 分泌物:自分以外の菌を増やさないナワバリ物質のこと。 例えば、お酢は酢酸菌の「分泌物」で、腐敗菌を増やしません。 乳酸菌の分泌物(乳酸菌生成エキス)は、腸内に住んでいる乳酸菌の菌体内の酵素を活性化し増殖を促します。また、悪玉菌の繁殖を抑え、その数を顕著に減少または消失させます。その上、日和見菌(中間菌)がどんどん有用菌に変化していきます。それにより、腸内環境が改善されます。 ●乳酸菌の菌体物質 菌体物質:菌を構成している物質のこと。ここでは乳酸菌の細胞膜にあたるアンテナのような物質(糖鎖)をさします。 nyusan_img06乳酸菌の菌体物質は、腸のパイエル板(免疫誘導装置)を刺激して免疫細胞を活性化し、腸の傷ついた細胞を修復します。 人間もペットも「自分には自分の乳酸菌」を… 腸内細菌については、その種類やバランスの多様性など未だに解明していないことが多くあります。人間や動物の顔や体格、性格が違うように腸内に棲む細菌の顔ぶれには個人差個体差があります。 選りすぐりの乳酸菌たちが生み出した「乳酸菌生成エキス」は、種類を問わず動物全般の善玉菌にはたらき、胃酸などの影響も受けません。 腸内細菌のバランスを整えるには、生きた乳酸菌を大量に摂ることではなく、自分独自の乳酸菌を増やし、固有の腸内細菌バランスを保つことが大切で、これは人間もペットも同じです。そのためにはバランスよい食事とおなかの中の乳酸菌を元気にする「乳酸菌生成エキス」の摂取がおすすめです。